10月の薬膳ランチのご案内です

10月の
お昼の薬膳メニューが
決まりました。



 
茉莉花の永遠のテーマは「キレイ&健康」




茉莉花の10月のテーマは
「肺機能を高める」です。

茉莉花の永遠のテーマは「キレイ&健康」

秋は夏の疲れが出やすく、乾燥してきますので
肺や鼻が弱まる時季です。
冷え性の人は特に水分代謝が悪くなり、
体に冷えが残るため風邪をひきやすくなります。
体を内側から温める辛味のあるものを
摂取するようにしましょう。
ショウガ、ネギ、ニンニク、ワサビなどが効果的です。
ただし辛味のあるものは、摂取しすぎると
汗や気を発散させすぎて逆に冷えてしまう場合が
ありますので注意しましょう。
そして肺を潤すものを積極的に取り入れると
風邪をひきにくくなります。
レンコン、銀杏、百合根、キクラゲ、長ネギ、梨、ブドウなどが
肺を潤してくれる食材の代表選手です。

「肺機能を高める」具体的な食材例
レンコン、銀杏、百合根、白きくらげ、黒きくらげ、梨、
ぶどう、長ネギ、大根、玉ねぎ、にんじん、セロリ、冬瓜、
じゃがいも、ほうれん草、白菜、にがうり、なす、マッシュルーム、
とうもろこし、タケノコ、豆腐、大豆、落花生、
海苔、海藻、茶葉、緑茶、抹茶、もち米、そば、柿、杏仁、ビワ、
イチジク、桃、バナナ、みかん、柚子、オレンジ、
陳皮、ブルーベリー、レモン、干し柿、シナモン、クルミ、卵、
豆乳、牛乳、ココナッツミルク、蜂蜜、松の実、山椒、コショウ、酒

是非ご家庭でも参考にしてください


さて、以下、10月のメニューです。

----------------------------------------
<上海粥と黒酢鶏の薬膳 ¥2400(税込)>

○生姜の上海粥
○特製黒酢鶏
○薬膳小皿(4種)
  小芋と焦がし葱の漢煮
  旬菜と銀杏の漢サラダ
  湯葉と昆布の漢サラダ
  柚子トマト
○デザート2種(杏仁豆腐 と 黒ゴマあん入り白玉)


----------------------------------------
<スペアリブと焼玄米の漢蒸し
&炊きたてご飯の薬膳 ¥2400(税込)>


○三元豚スペアリブと焦し玄米の漢蒸し
○焼き海苔のせ炊きたてご飯 <ご飯のおかわり¥200>
○薬膳小皿(3種)
  旬菜と銀杏の漢サラダ
  湯葉と昆布の漢サラダ
  柚子トマト
○竹スープ
○自家製ザー菜とラッキョウ
○デザート2種(杏仁豆腐 と 黒ゴマあん入り白玉)


----------------------------------------
<竹スープワンタン&漢おこわの薬膳 ¥2400(税込)>

○豚肉とセロリの竹スープワンタン
○蓮の葉に包んで蒸した鶏おこわ
○薬膳小皿(4種)
  小芋と焦がし葱の漢煮
  旬菜と銀杏の漢サラダ
  湯葉と昆布の漢サラダ
  柚子トマト
○デザート2種(杏仁豆腐 と 黒ゴマあん入り白玉)


----------------------------------------
<高麗人参入り旬野菜のポトフ膳 ¥3000(税込)>

○高麗人参入り竹スープでつくった旬野菜とスペアリブのポトフ
○薬膳小皿(4種)
  小芋と焦がし葱の漢煮
  旬菜と銀杏の漢サラダ
  湯葉と昆布の漢サラダ
  柚子トマト
○自家製ザー菜とラッキョウ
○炊きたてご飯<おかわり自由>
○デザート2種(杏仁豆腐 と 黒ゴマあん入り白玉)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



こちらからご予約いただけます。
---------------------------------------------------------------------------------
京都・宇治 おばんざい薬膳
薬膳料理「茉莉花(ジャスミン)」
電話  0774-23-3753 

繁忙時間中は、お電話に出ることができない場合がございます。
(午前9時〜11時頃は比較的お電話がつながりやすくなっております)
お電話に出ることができなかったお客さまには、心よりお詫び申し上げます。
---------------------------------------------------------------------------------
★昼:11時00分〜12時45分

   13時00分〜15時00分 *2部制 / ご予約優先
---------------------------------------------------------------------------------
★夜:18時〜21時半(19時半までにご入店ください)*ご予約のみ
---------------------------------------------------------------------------------
★定休日:月曜・火曜(夜のお食事の日時は別途お知らせしております)
---------------------------------------------------------------------------------


茉莉花の竹スープ

茉莉花では<毎日食したいもの>を念頭にお料理をつくっています。

それは<キレイと健康>に直結します。

そのためにお野菜を中心としながらタンパク質もしっかり摂れる御膳立てのランチやコースメニューをご提供しています。

そしてそのお料理ひとつひとつの重要なベースとなっているのが「竹スープ」です。

 

「竹スープ」は茉莉花のお料理のほとんど全てに使われています。日本料理の「だし」と同じ働きをしています。

「竹スープ」は漢方薬ではありませんが、消化機能の強化や清涼解毒の機能が確認されています。

多種類のタンパク質、カルシウム、鉄分を含んでいて、その風味の良さからも中国明時代から400年に渡り親しまれ継承されています。

 

原産は中国安徽省の黄山で、浙江省の天目山でもつくられています。

(共に標高1000メートルくらいのところでつくられています)

主に竹の新根、もしくは若竹を塩漬けした後、炭火で燻製したり土中で数年発酵させています。

茉莉花ではその竹を、水から時間をかけてじっくり煮た後、草鶏や高麗人参を加えて調理しています。

 


茉莉花が大切にしていること


「医食同源」―食と薬は本来同じもの。

「身土不二」―心身と風土は切り離せない。


古くから中医学に伝わる薬膳の考え方をもとに、

日本の豊富で新鮮な食材と中国の生薬を組み合わせ、

大切な人に振る舞う家庭料理に仕上げました。

体も心も健やかでありますように。

茉莉花のおばんざい薬膳はそんな想いを込めておつくりしています。


yakuzen_02_2000.jpg